南三陸へボランティア活動に行ってきました。

今回は南三陸へボランティア活動に行ってきました。

今回参加した団体は一般社団法人東日本大震災生活支援協会 (以下LSA)です。
こちらは震災後すぐに活動を始めた団体です。代表の方が個人で呼びかけを行い.始めた活動が大きくなって現在に至っています。

今回の活動報告
≪1.活動の内容≫
(1)運行日 :2014年4月18日(金)~20日(日)
(2)天 気 :曇り
(3)参加者数:19名(男性9名、女性10名、初めての方10名)
(4)活動内容:漁業支援、椎茸栽培支援など

≪2.活動の様子≫
参加者を2〜5人の6班に分けて、それぞれの依頼者さんのお宅へ行き活動を行いました。
私は2人で漁業支援の班になりました。もうじきワカメ漁が終わると言うことで、最後の出荷準備と道具の片付けをお手伝いしました。

出荷のほうはワカメの箱詰めを手伝いました。脱水したワカメの茎と葉を分けて、葉のほうを箱に詰めます。
茎と葉を分けるには、根元近くの茎と葉の境目に指でちぎって切れ目を入れ、左手に茎 右手に葉を持ち境目に沿って割いていきます。
文字にすると簡単に出来そうですが、上手く境目に沿って割けていかずすぐにズレていってしまうので根元から先まで一発できれいに割くのはかなり難しかったです。

道具の片付けは、次のシーズンまで使わなくなるカゴや網などはきれいに洗って片して、自宅作業場は作業台等を外に運び出して掃除しました。
高圧洗浄機で水をかけると、分厚く固まった塩が剥れてとれるので気持ち良かったです。
2日目は港へ行き、ワカメをゆでる釜や桶(ほぼ風呂桶と一緒)を洗って軽トラックに積んで作業場へ持ち帰りました。
≪3.感じたこと≫
約一年前にLSAに参加していてその時と同じ地区だったのですが、着いたお宅はまさにその時と同じ!
まさかもう一度お会い出来ると思っていなかったので嬉しかったです。
一度作業させていただいているのでスムーズに入れて楽しく活動出来ました。
(後で分かった事ですが、LSAは参加者がリピーターの場合、前回の活動場所を考慮して決めているそうです。)
こういう運営の配慮によって参加者と依頼主さんの距離が縮まり、次に繋がっていくのかなと感じました。

ワカメの出荷のお手伝いは初めての作業でしたが、やはりなれていないので作業が遅くこんなんで役に立てているのかなって感じでした。しかも作業のお手伝いは半分くらいで、それ以外は週末で遊びに来ていた3人のお孫さんと遊んでいました。
せっかく来たんだからちゃんと作業しないとって気持ちもありましたが、子どもたちは一緒に遊びたがっているしLSA事務局の方からは子供たちが楽しい時間を過ごせるならそれも立派なボランティア活動だと言われ安心しました。
それに私たちが遊んでいる間はお孫さんの面倒を見なくてよくなってその分作業がはかどったりもするわけで、間接的に作業のお手伝いになっていたかもとも思います。

今回の様な生活再建のお手伝いは現地の方とお話しする機会も増えますので、ガテン作業時以上に話し方や振る舞いは一層気をつけなければいけません。ですが、いろいろお話しできる事で気持ちの距離が縮まる感じもあり、これからも寄り添っていこうという思いが強くなりました。

 

カテゴリー: ボランティア活動報告 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中