3/15 ボランティア活動報告

今回は、相双ボランティアの活動に参加してきました。

相双ボランティアは、相双地区(主に浪江町・富岡町・広野町)で被災された方の個人ニーズを受け付けてボランティア活動されいてます。

今回の活動内容は、避難生活されているご夫妻の二本松市にある借り上げアパートから郡山市の災害公営住宅への引越しのお手伝いでした。
依頼された方は震災時の津波で浪江町にあったご自宅をなくし、約1カ月の間に県内外9回もの移動を余儀なくされ、その後2011年4月から二本松の借り上げアパートに住まわれていたそうです。
今回郡山市内の災害公営住宅の抽選にあたったという事で、その引越しのお手伝いをしてきました。

災害公営住宅は新築5階建てで、当たり前ですが仮設住宅とは違いしっかりした造りで一般の公営住宅と遜色ないものでした。
事前に依頼主さん自らある程度荷物を運んでくれていたため、当日の作業は順調に進んで搬送も1回で済みました。

この先ずっとこちらのお宅に住まわれるのかは分かりませんが、この引越しで落ち着いて生活が出来るようになればいいなと思います。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中